140字小説

140字小説140字小説

各種SNSに毎日投稿している、140字小説のまとめコーナーです。

スポンサーリンク
140字小説

140字小説 Vol.45

「これが…お前の嫁?」 友人宅に上がると、1/1スケールの美少女フィギュアが俺を見つめていた。
140字小説

140字小説 Vol.44

息子がonlineゲーム中毒になった。叱るよりも、まず子供の目線に立つべきかと、私も始めてみる事にした。
140字小説

140字小説 Vol.43

なんだか教室が騒がしい。集合写真に幽霊が写り込んだとかで、盛り上がってるみたいだ。
スポンサーリンク
140字小説

140字小説 Vol.42

どうやって死のうかと毎日考えてた俺に友人が言った。 「死ぬ前に、この漫画読んどけ」
140字小説

140字小説 Vol.41

和装に身を包み、背筋の伸びた義祖父は、老齢ながらも実に凛々しい。
140字小説

140字小説 Vol.40

雨の中、俺はルンバを拾い上げ、胸に抱き、人目もはばからず泣き叫んだ。
140字小説

140字小説 Vol.39

「変だな…味がしない…」 コロナを確信した俺は内心歓喜していた。これで仕事を休める。
140字小説

140字小説 Vol.38

昔から、妻はかなりの天然だ。 仕事から帰ると、妻は見知らぬ男とお茶をしていた。
140字小説

140字小説 Vol.37

「Youtuberで食べていけてるのかね?」 「はい、一応…」 「だが、収入に安定も保証も無いのだろう?」
140字小説

140字小説 Vol.36

俺は気まぐれに〝鉄道忘れ物市〟を訪れてみた。すると、下手な絵の漫画原稿が置いてあった。まさかと思い、手に取って捲って見ると、俺はその場で泣き崩れた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました