無職は自費出版小説で食べて行けるか?【179日目】

初めての方向けに

ネットや色んなSNSが当たり前になり、個人が個人に直接、作品や言葉や情報を届ける方法に富むこの時代。

それらをフル活用した時、職を辞したアマチュア物書きは、軍資金が尽きる前に、何にも属さずたった一人で生計を立てる事は可能なのか?

ここは、そんな極めて無謀な挑戦の日々を、力尽きるまでその日まで綴る場です。

今日の日誌

木尾士目さんの「はしっこアンサンブル」の7巻が出てたので、購入&読了しました。

はしっこアンサンブル(7) (アフタヌーンコミックス) | 木尾士目 | 青年マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで木尾士目のはしっこアンサンブル(7) (アフタヌーンコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

「げんしけん」の時から大好きでしたが、やはりこの方が作るお話は大好きです!

工業高校で合唱部を立ち上げようというお話なのですが、キャラの一人一人に個性があり、ドラマがあり、そして青春があります。

「げんしけん」の時から思ったのですが、人と人との関係性の描き方、魅せ方、心の機微への触れ方が、非常に上手い方だなと思いました。

今作は合唱を題材にしているため、勿論合唱シーンがあります。

音の無い漫画における音の表現に、「げんしけん」には無かった、新しい木尾さんの手腕を味わいました。

ここは感想記事ではないため、軽く触れる程度にしましたが、このように、色んな作品の感想や紹介記事を、これからは積極的に増やしていきたいですね。

とある作家さんは「小説を書きたければ、小説を読むな」と仰ってました。

その心は「どんどん既存作品に影響を受け〝自分〟の色が薄れていくから」との事です。

確かにそんなデメリットもあるとは思うのですが、やはり色んな媒体の多くの作品に触れ、得られるモノを断つ方が、自分にとってはリスクが大きそうなので、やはり色んな作品に触れていきたいです。

はしっこアンサンブル(1) (アフタヌーンコミックス) | 木尾士目 | 青年マンガ | Kindleストア | Amazon
Amazonで木尾士目のはしっこアンサンブル(1) (アフタヌーンコミックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント

  1. しゅん より:

    方丈さん、執筆お疲れ様でした。

    「小説を書くなら、小説を読むな」という格言があることがビックリしました。

    たしかに…、テクニックばかり上達して、未熟だった頃の荒削りな感じは薄れていくように思えます。

    でもそれってどんなジャンル、どんな競技でも起こり得ることなのかも?とも思います。

    たぶん何事も「深く知りえる途中」が一番辛いんだと思います

    そこを突き抜けてこそプロになれるのかと…。

    長文失礼しました。

    今日も楽しく拝見いたしました😆

    • 方丈 海方丈 海 より:

      自他ともに認める天邪鬼作家さんだったので、あの人らしいなと思いました(笑
      それでいて、ちゃんと筋が通ってから尊敬してしまいます。

      今日もありがとうございます!😃

タイトルとURLをコピーしました