140字小説 Vol.36

オロチ先輩ってどうしてオロチなんて渾名なんだろう?苗字が蛇沼だからかな?
「実はそれだけじゃないんだ」
「何か由来があるんですか?」
「アイツ、サークルの女子に手を出しまくって、八股してた時期があってさ」
「…ヤマタノオロチ」
「きっちり懲らしめてやったよ」
「流石です、スサノオ先輩」

タイトル:【サークル内古事記】


「先週俺のチャリのサドル盗んだ奴、絶対許さねぇ…」
「サドルくらい、大した値段じゃねぇだろ」
「立ちこぎして帰ったんだけどよ…信号待ちでつい腰下ろしちゃってさ」
「!?」
「絶対、犯人にも同じ目にあってもらう」
俺がサドル差込口と同じ太さのバイブを取り出すと、友人は一目散に逃げた。

タイトル:【早すぎた卒業式】


LINEの〝誤送信防止機能〟は、正直邪魔だ。
今までの文脈を読み込み、不自然と判定したら確認メッセージを表示する仕組みらしいが、設定の消し方がよくわからんので放置していた。俺は今、それ所じゃないんだ。悩みに悩んだ末、彼女に『別れよう』と打ち込んだ。

『本当に送信してよろしいですか?』

タイトル:【躊躇】


俺は気まぐれに〝鉄道忘れ物市〟を訪れてみた。すると、下手な絵の漫画原稿が置いてあった。まさかと思い、手に取って捲って見ると、俺はその場で泣き崩れた。
「大丈夫ですか?」と店員の声。
それは若い頃、出版社に持ち込む日、怖気づいて電車内に置いていった俺の漫画だった。
「これ…ください」

タイトル:【夢との再会】


最後のページを捲り、溜息をついた。何度読んでも面白い。でもネットで感想を漁ると、解釈違いばかりだった。

『最後、主人公はサブヒロインとくっついたでしょ?』と指摘する度に『どう読んだらそうなる?』『国語、苦手でした?』『読解力が地獄』『半年ROMれ』と言われて凹んだ。作者、私なのに。

タイトル:【作者も一読者】


【短編ミステリ小説 出版中】
価格:120円
読了時間目安:10~15分

男は、一人暮らしの女子大生を、ノートPCのWEBカメラから覗いていた。
女子大生がシャワーを浴びている間に、突然、包丁を持った強盗が侵入してくる。
彼女を救わねば。
しかし、自分の盗撮がバレるわけにはいかない。
一体どうやって、盗撮がバレる事無く、彼女に危機を知らせる?
葛藤する男の目の前で、強盗は突如、カメラの向こうでその姿を消した。
まるでイリュージョンでも見ているかのような謎に、盗撮犯である男は、ひたすら困惑する。
そして、自身に降り注ぐ悲劇を以て、その真相を知る事になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました