無職は自費出版小説で食べて行けるか?【159日目】

ベッドの上で目が覚めて最初に思ったのが「どうしてベッドに寝ているんだっけ?」でした。

夜、ちょっとだけ横になるつもりが、そのまま朝を迎えてしまったようです。

机の上の、飲みかけだったコーヒーはすっかりと冷めており、食べかけの菓子パンも残ったままでした。

歯磨きをし損ねているので、口の中は最悪に気持ちが悪いです。

うがいをして、真っ先に歯を磨きながら、ディスプレイに表示されてる作りかけの日誌を眺めます。

ふと、ここ1ヵ月の電子書籍の売り上げはどうなってるのかなと、本当に久しぶりにレポート画面を開きました。

せっかくなので、以下に画像を張り付けてみます。こんな感じです。

数えたら、15冊売れていました。(誠に、ありがとうございます)

新ブログへの準備に着手して以来、一切の宣伝を休止していたので、必然的に売り上げは限りなくゼロだと思っていたのですが、それでもほんの少しは売れるのですね。

一体、どんな経路で売れているのか、気になるところです。

これはこれで、「一切の宣伝を無くしたら、自費出版小説はどれだけ売れるのか?」という、サンプルデータの一つになったかもしれません。

ちなみに、特に宣伝はしてなかったのですが、当ブログの短編小説と長編小説のコーナーに、自費出版小説のリンクを載せています。

売るためと言うより、Googleアドセンスの審査に向けて、とりあえず紹介記事を張り付けた意味合いが強いです。空のコーナーは印象が悪いかなと思ったので。

ところで、こんな感じで、日々の売上データやPV数とか、毎日日誌に添えて開示するのも面白いでしょうか?

知りたい人は、知りたいデータかもしれません。

私としては、個人データを開示する事に一切抵抗はありませんので、むしろそんな簡単な作業で日々の日誌の需要が上がるなら、嬉しい限りです。

真面目に検討してみたいと思います。

とりあえず、口の中がいい加減に泡だらけになってきたので、流してきます。

コメント

  1. しゅん より:

    執筆お疲れ様です。

    データー公開はたぶん、めちゃくちゃ需要ありますよ。

    方丈さんほどの影響力のある方が、どのくらいPVを稼いでいるか?は個人的にもとても興味ありますし。

    冒頭のシーンはめちゃめちゃ共感しました!僕もたまにやらかします。

    ちなみに、電子書籍の一冊はボクです(笑)

    今日も楽しく読ませていただきました!

    • 方丈 海方丈 海 より:

      そう言っていただけると嬉しいです✨
      では、さっそく、次回から公開してみたいと思います☺
      ご購入いただけたのですね!
      誠にありがとうございます!
      楽しんでいただけると嬉しいです☺

  2. ささみ より:

    歯磨きしがら日誌書かれてたんですね😂

    私もデータは純粋に気になります〜!

  3. ささみ より:

    歯磨きしながら日誌書かれてたんですね😂

    私もデータは純粋に気になります〜!

タイトルとURLをコピーしました